Portfolio

このページでは、ループアニメーションのために書き下ろした音楽について解説をしていきます。これまで僕は打ち込み音源で音楽を作ってきたのですが、今回は演奏家やレコーディングエンジニアにご協力いただき、生楽器のみで音楽制作を行っています。

記事の更新は週1回、全6回の予定です。新しい記事はこのページに追記していきます。

(全ての記事が揃うまでは随時加筆修正があることにご理解ください)

2022年9月23日

1曲目はピアノとヴァイオリンの音楽です。

ピアノは花びらと鳥の動きに注目し、音の粒を表現するように跳ねることを意識しています。

ヴァイオリンは花びらを運んでいる風や、遠くの風景の空気感といった見えていないものを表現しています。

このように楽器ごとに役割を持たせることで、ループアニメーションに空間や、さらに時間軸には情景の変化といった演出をもたらすことができるのです。

制作記1 録音の準備

生楽器を使った録音をするためには、まず奏者に渡すためのデモ音源と譜面を作る必要があります。

まず僕は打ち込みでデモ音源を作って、そのデータを元に譜面を起こしました。

譜面に関しては楽曲のニュアンスを意図した通りに奏者に伝えるために記譜上の配慮が必要です。

今回の録音では以下を実践しています。

・奏者にどう演奏してほしいのか方向性を示すために、細かくアーティキュレーションを指定する

・読譜や譜めくりの手間を省くために、譜面は反復記号を駆使してコンパクトに仕上げる

僕も見やすくて的確な譜面を作る人になりたいです。

2022年9月30日

2曲目も同じくピアノとヴァイオリンの音楽なのですが、1曲目とは別のアプローチを試みています。

それは、アニメーションの動きを意識した音楽づくりを行うということでした。

絵を演出する音楽を作るために、作編曲では以下の工夫をしています。

・スタッカートやスピッカートという奏法を使って、音をリズミカルにすることで明るさや楽しさを表現する

・同じ伴奏形を繰り返すことで「回転」や「前進」をイメージさせる

・屋内であるため、和音の響きや展開を必要最低限にすることで、風景に奥行きや移り変わりを感じさせない

・楽器とメロディによって、動き回る動物を表現する。ヴァイオリンは猫、ピアノは犬をイメージさせる

また1曲目と同様に絵には猫が登場しているため、1曲目と同じメロディをアレンジして組み込んでいます。

こうすることで、いわば音楽が2つの絵の世界の接着剤の役割を果たし、ストーリーが生まれるのです。

ただしこれはあくまでデモンストレーションであり、1曲目の絵と2曲目の絵は豊井さんが描いたものであるため、そこに世界の繋がりがあるのかは僕にもわかりません。

制作記2 リハーサル

このプロジェクトでは作曲した6曲全ての音楽に対して、録音の前にリハーサルを行いました。

あらかじめ僕が用意した譜面の内容を演奏家による実際の演奏を通して確認し、作曲者と奏者の間で細かいニュアンスを詰めていくという打ち合わせのような現場です。

僕は楽器や奏者に対する理解が浅いため、ディレクターや奏者側からも積極的に意見を出してもらうことで、望ましい演奏表現を探っていきました。

そのやりとりで得られた知見は、録音の現場だけではなく、次の作曲や譜面制作に活かすことができるのです。

次回の更新は2022年10月7日です。